後円融天皇」が大好き!
ログインして投票しませんか?

新機能 new!


ページ内の   比較する    ボタンを押すと、逆からも相対的に比較し見ることができます。(別窓で開きます)

後円融天皇人物



概要

後円融天皇
カテゴリ人物

日本の国旗 後円融天皇(ごえんゆうてんのう、正平13年12月12日(1359年1月11日) - 明徳4年4月26日(1393年6月6日))は、南北朝時代の北朝第5代天皇(在位:建徳2年3月23日(1371年4月9日) - 弘和2年4月11日(1382年5月24日))。諱は緒仁(おひと)という。
Wikipedia 画像検索


享年および周年情報
生誕日 西暦 1359年1月11日
没日 西暦 1393年6月6日

享年34(歳)

今年、2020年は、
生誕、661周年、
没後、627周年の年です。

専用ページへ移動

当ページ内は各コンテンツにおいて最大20件までを表示しています。以下のそれぞれの単一ページにて20件を超える情報もすべて表示することができます。


メインページ 同年代 歴史 出来事 主関連
情報数→ 20 12 57 0

同年代の人物

1~20件目(全20件)

ヒント下の「年代比較グラフ」をクリックすると、年代をグラフで比較しながら見ることができます。

  • ペトラルカ

    ペトラルカ

    西暦 1304年7月20日 - 西暦 1374年7月19日(享年69(歳))

    人物

    後円融天皇より、54歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、15歳の時に没されました。後円融天皇が没する、18年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から15歳までの、15年間同じ時代に存在しました。

  • 光厳天皇

    光厳天皇

    日本の国旗 西暦 1313年8月1日 - 西暦 1364年8月5日(享年51(歳))

    人物

    後円融天皇より、45歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、5歳の時に没されました。後円融天皇が没する、28年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から5歳までの、5年間同じ時代に存在しました。

  • 光明天皇

    光明天皇

    日本の国旗 西暦 1322年1月11日 - 西暦 1380年7月26日(享年58(歳))

    人物

    後円融天皇より、37歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、21歳の時に没されました。後円融天皇が没する、12年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から21歳までの、21年間同じ時代に存在しました。

  • 後村上天皇

    後村上天皇

    日本の国旗 西暦 1328年 - 西暦 1368年3月29日(享年40(歳))

    人物

    後円融天皇より、31歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、9歳の時に没されました。後円融天皇が没する、25年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から9歳までの、9年間同じ時代に存在しました。

  • エドワード黒太子

    エドワード黒太子

    西暦 1330年6月15日 - 西暦 1376年6月8日(享年45(歳))

    人物

    後円融天皇より、28歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、17歳の時に没されました。後円融天皇が没する、16年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から17歳までの、17年間同じ時代に存在しました。

  • 足利義詮

    足利義詮

    西暦 1330年7月4日 - 西暦 1367年12月28日(享年37(歳))

    人物

    後円融天皇より、28歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、8歳の時に没されました。後円融天皇が没する、25年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から8歳までの、8年間同じ時代に存在しました。

  • 崇光天皇

    崇光天皇

    日本の国旗 西暦 1334年5月25日 - 西暦 1398年1月31日(享年63(歳))

    人物

    後円融天皇より、24歳年上で、後円融天皇(享年34歳)の没後、4年生きました。
    また、後円融天皇が、0歳から34歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • ティムール

    ティムール

    西暦 1336年4月9日 - 西暦 1405年2月18日(享年68(歳))

    人物

    後円融天皇より、22歳年上で、後円融天皇(享年34歳)の没後、11年生きました。
    また、後円融天皇が、0歳から34歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • 後光厳天皇

    後光厳天皇

    日本の国旗 西暦 1338年3月23日 - 西暦 1374年3月12日(享年35(歳))

    人物

    後円融天皇より、20歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、15歳の時に没されました。後円融天皇が没する、19年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から15歳までの、15年間同じ時代に存在しました。

  • ジョン・オブ・ゴーント

    ジョン・オブ・ゴーント

    西暦 1340年3月6日 - 西暦 1399年2月3日(享年58(歳))

    人物

    後円融天皇より、18歳年上で、後円融天皇(享年34歳)の没後、5年生きました。
    また、後円融天皇が、0歳から34歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • 足利基氏

    足利基氏

    西暦 1340年4月2日 - 西暦 1367年5月25日(享年27(歳))

    人物

    後円融天皇より、18歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、8歳の時に没されました。後円融天皇が没する、26年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から8歳までの、8年間同じ時代に存在しました。

  • 長慶天皇

    長慶天皇

    日本の国旗 西暦 1343年 - 西暦 1394年8月27日(享年51(歳))

    人物

    後円融天皇より、16歳年上で、後円融天皇(享年34歳)の没後、1年生きました。
    また、後円融天皇が、0歳から34歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • アンドロニコス4世パレオロゴス

    アンドロニコス4世パレオロゴス

    西暦 1348年4月11日 - 西暦 1385年6月28日(享年37(歳))

    人物

    後円融天皇より、10歳年上で、後円融天皇(享年34歳)が、26歳の時に没されました。後円融天皇が没する、7年前のことです。
    また、後円融天皇が、0歳から26歳までの、26年間同じ時代に存在しました。

  • 後亀山天皇

    後亀山天皇

    日本の国旗 西暦 1350年 - 西暦 1424年5月10日(享年74(歳))

    人物

    後円融天皇より、9歳年上で、後円融天皇(享年34歳)の没後、30年生きました。
    また、後円融天皇が、0歳から34歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ

    ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ

    西暦 1351年10月16日 - 西暦 1402年9月3日(享年50(歳))

    人物

    後円融天皇より、7歳年上で、後円融天皇(享年34歳)の没後、9年生きました。
    また、後円融天皇が、0歳から34歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • 足利義満

    足利義満

    西暦 1358年9月25日 - 西暦 1408年5月31日(享年49(歳))

    人物

    後円融天皇より、3ヶ月年上で、後円融天皇(享年34歳)の没後、14年生きました。
    また、後円融天皇が、0歳から34歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • 足利氏満

    足利氏満

    アメリカ合衆国の国旗 西暦 1359年9月4日 - 西暦 1398年12月12日(享年39(歳))

    人物

    後円融天皇が、生誕後7ヶ月の時に生まれ、後円融天皇(享年34歳)の没後、5年生きました。
    また、後円融天皇が、生誕後7ヶ月から34歳までの、33年間同じ時代に存在しました。

  • ジギスムント

    ジギスムント

    フランスの国旗 西暦 1368年2月15日 - 西暦 1437年12月9日(享年69(歳))

    人物

    後円融天皇が、9歳の時に生まれ、後円融天皇(享年34歳)の没後、44年生きました。
    また、後円融天皇が、9歳から34歳までの、25年間同じ時代に存在しました。

  • 後小松天皇

    後小松天皇

    日本の国旗 西暦 1377年8月1日 - 西暦 1433年12月1日(享年56(歳))

    人物

    後円融天皇が、18歳の時に生まれ、後円融天皇(享年34歳)の没後、40年生きました。
    また、後円融天皇が、18歳から34歳までの、15年間同じ時代に存在しました。

  • 足利義持

    足利義持

    西暦 1386年3月12日 - 西暦 1428年2月3日(享年41(歳))

    人物

    後円融天皇が、27歳の時に生まれ、後円融天皇(享年34歳)の没後、34年生きました。
    また、後円融天皇が、27歳から34歳までの、7年間同じ時代に存在しました。



後円融天皇の井戸端会議場


下記フォームからコメントを投稿して下さい。

後円融天皇のコメントを投稿

ログインして投稿する

ページメニューへ