用明天皇」が大好き!
ログインして投票しませんか?

新機能 new!


ページ内の   比較する    ボタンを押すと、逆からも相対的に比較し見ることができます。(別窓で開きます)

用明天皇人物



概要

用明天皇
カテゴリ人物

日本の国旗 用明天皇(ようめいてんのう、欽明天皇元年(540年)? - 用明天皇2年4月9日(587年5月21日?))は、第31代天皇(在位:敏達天皇14年9月5日(585年10月3日?) - 用明天皇2年4月9日(587年5月21日?))。
Wikipedia 画像検索


享年および周年情報
生誕日 西暦 540年
没日 西暦 587年5月21日

享年47(歳)

今年、2019年は、
生誕、1479周年、
没後、1432周年の年です。

専用ページへ移動

当ページ内は各コンテンツにおいて最大20件までを表示しています。以下のそれぞれの単一ページにて20件を超える情報もすべて表示することができます。


メインページ 同年代 歴史 出来事 主関連
情報数→ 9 4 17 0

同年代の人物

1~9件目(全9件)

ヒント下の「年代比較グラフ」をクリックすると、年代をグラフで比較しながら見ることができます。

  • ユスティニアヌス1世

    ユスティニアヌス1世

    西暦 483年5月11日 - 西暦 565年11月14日(享年82(歳))

    人物

    用明天皇より、56歳年上で、用明天皇(享年47歳)が、25歳の時に没されました。用明天皇が没する、21年前のことです。
    また、用明天皇が、0歳から25歳までの、25年間同じ時代に存在しました。

  • 王則

    王則

    中華人民共和国の国旗 西暦 502年 - 西暦 549年(享年47(歳))

    人物

    用明天皇より、38歳年上で、用明天皇(享年47歳)が、9歳の時に没されました。用明天皇が没する、38年前のことです。
    また、用明天皇が、0歳から9歳までの、9年間同じ時代に存在しました。

  • 蘇我稲目

    蘇我稲目

    日本の国旗 西暦 506年 - 西暦 570年3月22日(享年64(歳))

    人物

    用明天皇より、34歳年上で、用明天皇(享年47歳)が、30歳の時に没されました。用明天皇が没する、17年前のことです。
    また、用明天皇が、0歳から30歳までの、30年間同じ時代に存在しました。

  • 欽明天皇

    欽明天皇

    日本の国旗 西暦 509年 - 西暦 571年5月24日(享年62(歳))

    人物

    用明天皇より、31歳年上で、用明天皇(享年47歳)が、31歳の時に没されました。用明天皇が没する、15年前のことです。
    また、用明天皇が、0歳から31歳までの、31年間同じ時代に存在しました。

  • 敏達天皇

    敏達天皇

    日本の国旗 西暦 538年 - 西暦 585年9月14日(享年47(歳))

    人物

    用明天皇より、2歳年上で、用明天皇(享年47歳)が、45歳の時に没されました。用明天皇が没する、1年前のことです。
    また、用明天皇が、0歳から45歳までの、45年間同じ時代に存在しました。

  • 蘇我馬子

    蘇我馬子

    日本の国旗 西暦 551年 - 西暦 626年6月19日(享年75(歳))

    人物

    用明天皇が、11歳の時に生まれ、用明天皇(享年47歳)の没後、39年生きました。
    また、用明天皇が、11歳から47歳までの、36年間同じ時代に存在しました。

  • 崇峻天皇

    崇峻天皇

    日本の国旗 西暦 553年 - 西暦 592年12月12日(享年39(歳))

    人物

    用明天皇が、13歳の時に生まれ、用明天皇(享年47歳)の没後、5年生きました。
    また、用明天皇が、13歳から47歳までの、34年間同じ時代に存在しました。

  • 推古天皇

    推古天皇

    日本の国旗 西暦 554年 - 西暦 628年4月15日(享年74(歳))

    人物

    用明天皇が、14歳の時に生まれ、用明天皇(享年47歳)の没後、40年生きました。
    また、用明天皇が、14歳から47歳までの、33年間同じ時代に存在しました。

  • 聖徳太子

    聖徳太子

    日本の国旗 西暦 574年2月7日 - 西暦 622年4月8日(享年48(歳))

    人物

    用明天皇が、34歳の時に生まれ、用明天皇(享年47歳)の没後、34年生きました。
    また、用明天皇が、34歳から47歳までの、13年間同じ時代に存在しました。



用明天皇の井戸端会議場


下記フォームからコメントを投稿して下さい。

用明天皇のコメントを投稿

ログインして投稿する

ページメニューへ