延元時代・年号と後醍醐天皇人物を相対的に比較



  • 後醍醐天皇

    日本の国旗 西暦 1288年11月26日 - 西暦 1339年9月19日(享年50(歳))

    人物

    延元の始期より、47年早く生まれ、延元(期間4年)が、期間3年目の時に没されました。延元が終期する、8ヶ月前のことです。
    また、延元が、期間0年目から期間3年目までの、3年間同じ時代に存在しました。





  • 相対的に比較


  • 延元

    日本の国旗 西暦 1336年4月11日 - 西暦 1340年5月25日(期間4年)

    時代・年号

    後醍醐天皇が、47歳の時に始期し、後醍醐天皇(享年50歳)の没後、8ヶ月期間されました。
    また、後醍醐天皇が、47歳から50歳までの、3年間同じ時代に存在しました。

ページメニューへ